読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活記録

只々、日々の記録

あじさい!

母の日前日。

 

娘とホームセンターに行ったら可愛らしいあじさいを発見。

「母の日はカーネーションじゃなくてあじさいがいいなぁ」と言うと

娘は「うん、分かった」

ガクアジサイと、もうひとつガクが星のような形をしたものがあって

どちらも気に入って選べない。

娘に「お母さんどっちも気に入って選べないから、明日お父さんと

一緒にどちらか選んでちょうだい」とお願い。

 

母の日当日。

 

「行ってきまーす、あじさい買ってくる」とお父さんと出かけた娘。

わぁ・・・どっちを買ってくるんだろう、楽しみ。

ウキウキしながら待ってると程なくして2人は帰ってきた。

手にはスーパーの白い手提げ袋。

あぁ・・・ラッピングとかしないのね。まんま、なのね。ちょっとがっかり。

ホント気が付かない男だよ。←夫のこと

まぁ、いいや。それよりどっちを買ってきたんだろう。袋を開けると・・・・

 

 

 

どっちでもないじゃん!!

 

あぁぁぁぁぁ。

これ、頼んでないでしょっ。全然話聞いてないじゃんっ。

よりによって、このあじさいか。普通のまん丸いタイプの、ザ☆あじさいってやつ!

これは好きでないの、おかーさんはっっ。← 心の声です

 

「・・・・・あ、ありがとっ」

心の声が歯の裏っかわまできてたけど耐えました。

 

お兄ちゃんに頼めば良かった、なぁ。

まずい、まずい。

ブログほったらかしだった。

 

スマホを買ったらそっちに夢中になってた。

何に夢中なのかというと・・・

 

ツムツム。

 

おもしろいねぇ、これ。

なんか現実逃避のようにのめりこんじゃって。

課金しないぞー。

ハイペース

長女(7歳)を連れてスーパーへ。

ガムが欲しいというので選ばせる。「これがいい!」と手に取ったの

フーセンの実ガム。プラスチックの容器に丸いガムがたくさん入ったもの。

レジを済ませて車に乗り込むと早速食べ始めた。

少しするとガシャガシャと容器からガムを出す音。

1分くらいするとまたガシャガシャ。そしてまた・・・。

ものすごいハイペースだ。ど、どんな食べ方してんだ?と思い聞いてみた。

 

私「味が少しでもなくなると捨てちゃうんだ?」

長女「ちがうよ。私、味がなくなると追加する派だから」

 

えーーっ!捨てないで足していっちゃうの?そんな食べ方あるんだ。

車を降りると「ほら、ガムこんな大きくなったよ」と口のなかから

取り出してみせてくれた。汚っ。長女はニコッと笑ってそのガムをまた口のなかに

放り投げた。汚っ。

目尻のシワ

子育て支援センターで知り合ったお母さん。転勤することになり

お別れお弁当会が開かれた。思い出に、と写真を撮りまくる私。

一眼レフカメラを片手に気分はアラーキー

それにしても子供を撮るのってホント難しい。動き回ってて

全然とれない! おまけにフィルムカメラなのでデジカメのように

バシャバシャとシャッターを押せない(予算の都合上)

ズームもついてないのでアップを撮るときは近づいて。

そうすると子供ってガーッと近づいてきちゃう。逆にプイッと背をむけちゃったり。

この時ばかりは透明マントが欲しいと思った。

汗だくになって撮影する私。途中トイレに行って鏡をみるとビックリ。

左目の目じりに深々としたシワが。まるで三角刀で彫ったかのよう!

ファインダーをのぞくときに左目をつむるのでこんなことになっちゃったのか。

ああ、恐ろしい。年をとるとこんな怪奇現象が起きるようになるのか。

ドモホルンリンクルデビューしようかな・・・。

 

お別れの春

今年の春はお別れの春になってしまった・・・。

 

この先生なら6年生になっても安心と思っていた

長男の担任の先生が転勤することに。

子どもたちが「学校楽しい!」と思えるように

いろいろ工夫して一生懸命やってくれる先生だったのになぁ。本当に残念。

 

聞き上手でお話するのが楽しかった子育て支援センターの先生。

ずーっといてくれるものと思っていたけれど、4月からは新しい施設へ。

寂しすぎる。次女が小学校に上がるくらいまでいてほしかった。

 

支援センターで知り合った、めちゃくちゃ面白いお母さん。

転勤で宮城にいってしまうのだそう。転勤家族だから

いつかいなくなってしまうとは思っていたけれど

こんなに早くその日が来るなんて・・・・・。

今日はそのお母さんを囲んでみんなでお弁当を食べる予定。

 

あぁぁこんなに別れが重なるなんて。

きっと素晴らしい出会いがあるに違いない。

 

みなさん、ありがとう。

 

 

スマホ買う

携帯電話を持っていない生活に別れを告げるためドコモショップへ。

店内に入るとすごい人の数。み、みんな何しにきてんだろ。

店員さんに携帯を買いたいんです、と言うと

混んでいるので2時間くらいしたらまた来てほしいという。

契約自体も手続き・プランの相談等で1時間半はみてほしいと。

んー・・・今日は無理だな。

家に帰ってもらってきたパンフレットを見る。

なんだかいろんなプランがあるのね。よくわからないなぁ。面倒くさい。

やっぱりいらないかな、携帯電話。そう思い始めたときふと思い出した。

TSUTAYAのCМを。なんかスマホとかいってたっけ。

ネットで調べてみるとあった、あった。

 

TSUTAYAスマホ「TONE」

機種は2つ。プランは1つだけ。基本料金1000円。ラインもできる。

安い。内容もシンプル、わかりやすい。そして、ネットで購入できる。

 

これでいい!これがいい!

IP電話なので多少の音声遅延があるらしいけど、(凄まじい音声遅延と表現しているサイ

トもあり)あまり使わないだろうからべつに気にしない。というかどんぐらい

凄まじいのか確認してやろうじゃないの!

それと050で始まる電話は緊急通報(110,119番)にかけることができないそうなので

それができるようになるオプションを1つだけつけることにした。

2,3日後には届くらしい。とうとう、「持ってない」を卒業だ。

 

何しようか

小学生の子供を持つお母さんが憂うつなこと第3位の

春休みに突入(ジブン調べ)

長期の休みになるといつも思う。

 

何して過ごしてたっけ?

 

この間の冬休みもなにしてたんだっけなぁ。

春休みは短くていいんだけど、とくに行事的なこともなく・・・。

長男は勝手に遊びに行くからいいとして、問題は長女(7歳)と次女(1歳10か月)。

こやつらをどうするか。

北国の3月はまだまだ冬。外で遊ぶのはつらい。

さーて、今日はどうするかなぁ。