読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活記録

只々、日々の記録

オレが押す

長男の虫歯治療の為、子供3人連れて歯医者へ。

着くなり、あっち行ったりこっち行ったり忙しい次女。

絵本読めと私に持ってきたくせに、フラフラーとどこかへ行ってしまう。

そのうち、ガシャンガシャンと音が聞こえてきて、何やってんだと

見たらドアのレバーで遊んでる。やめなさいと言って連れて戻ってくると

長女がソファに寝っ転がってゲームしてる。 何やってるのそこは

寝るところじゃないのきちんと座りなさい。まったく。

すると今度は次女が「ご自由にお飲みください」の水を飲ませろと

ギャーギャー騒いでる。じゃぁ、一回だけだよーと飲ませる。

飲み終わる。また騒ぐ。飲ませる。エンドレス。

振り向くと長女がソファに乗っかり背もたれに座ってゲーム。だからそれヤメテ!

なんなんだこいつらは!!  

長男の治療が終了。会計まできちんとソファに座って待っている息子。

さすが5年生。すごく立派に見える。

会計の時、長女がガムが欲しいと言い出す。俺も、と長男。

二人で食べなさいと一つのガムを買う。するとそのガムをどちらが持つがで

長男、長女のバトルが始まった。

俺が持つ、私が持つ、くだらない争いが続く。すると長女が一言。

「じゃぁ、エレベーターのボタンは私が押すからっ!」

なんだそりゃ。すると長男、

「くるときはおまえが押したんだから、帰りはオレが押すっ」

どうでもいいわ。

ホント、兄妹のケンカっておもしろい。

 

忘れすぎ!

わが家は子供たちが通う小学校から遠く離れた場所にあるので

朝は夫が長男、長女を車に乗せて途中まで送っていく。

今朝も行ってきまーすと言って夫の車に乗っていった。

あー行った行った、と思っていると電話が。

誰かなぁと思ってでてみると娘からだった。

「おかあさん、給食着ある?」

給食着って。持ってったじゃん、月曜日に。

私「持っていったよね?月曜日、体育着袋に入れて」

娘「あ、そっかぁ」

 

体育着袋に入れたこと忘れちゃったのか。月曜、火曜と体育がなかったから

気が付かなかったんだね。つーか、今日水曜日だよ⁉給食着を忘れたと思っている

ことも忘れちゃってたんだね。まったくもう・・・。

ちゃんと考えれば気が付くと思うんだけどなぁ。

 

長女はフィーリングで生きている。あまり考えない。なんでもパパパッと決める。

長男は熟考型。100円ショップでもTSUTAYAでも真剣勝負だ。なかなか決められない。

こんな二人だけど似ているところが一つ。恥ずかしがり屋さんなこと。

さて、次女はどんなタイプの子なんだろうなぁ・・・。

 

だらしない

美容院に行った時の事。

若い男性の美容師さんだったのだが

子供が3人いると言う。

7歳、5歳、3歳なのだそう。

2歳違いなので、「上手ですねぇ」というと

「3歳離れると入学式とかそういうのが

大変になると思って・・・」という答えが返ってきた。

 

すごい、計画的に進めて計画通りになったんだ。

この場合、命は授かりものという感覚はあるのか、否か。

やればできるという感覚なのか、否か。

なんか変な気持ちになってしまった。

 

先日新聞で読んだ記事。

「35歳を過ぎて子供を産んだ夫婦のうち人生設計があるのは2割にとどまる」

簡単にいうと

 

だらしない

 

ということ?・・・一般的な意見として

「よーく考えて。よーく考えれば35過ぎて子供産むなんてありえないでしょっ」

てことなのか。まあ、私も3人目が生まれたとき言われたなぁ。「事故?事故?」って

大事故に見えたんだろうな41歳で3人目は。事故っていうのも恥ずかしいし

事故じゃないっていうのも恥ずかしい。

欲しくて産んだんだけどさ。美容師のお兄ちゃんからみたら

「何も考えてない子供の産み方」なんだろうなぁ。

ながの降臨

久々に美容院へ。

 

髪の毛を長いこと切ってないと

運気が下がってくるような感じがする。

こまめに切りたいのだけれど時間がとれない。

前に切ったのいつだっけ・・・・。

年が明けてから色々と忙しく

それもやっと一段落したので気持ちもさっぱりしたくて

髪を切ることに。

気分転換を兼ねているのでガバッと切ってもらう。

鏡を見ながらふと、思った。

 

お笑い芸人の永野と同じ髪型だ。

 

なんかちょっと恥ずかしい。美容師さんも私が永野になっていることに

気づいているのだろうか。気づいていても「永野っぽいですね」とは

言えないだろう。

 

はやく伸びないかな・・・・。

 

 

バイキング

昨日のこと。

娘のピアノ教室の帰りもう少しで家に着くというところで

誕生日のケーキを買っていないことに気がつく。

そのままケーキ屋さんへ。娘はチョコケーキがいいというので

ホワイトチョコのケーキを2つ、生クリームがのったシフォンケーキ

あったのでそれを2つ買う(こっちは安かったから)

家に帰り夕飯の準備をしていると夫と息子が帰ってきた。

手にはケーキの箱が!お互い買ってきちゃったんだね。

中には美味しそうなケーキが6つも!すごいっケーキバイキングだ。

夕飯は手羽中のから揚げに甘辛だれをつけたやつと、キャロットラペ、

いんげんとゆでたまごのマヨ和え。みんなたくさん食べてくれた。

おなかいっぱいでケーキ食べられない・・・と思ったけれど

30分もしたらケーキ食べたいモードに。しっかり食べました。

素晴らしい1日だった。

43歳になる

朝、目が覚めると寝すぎた感が。

時計を見ると7時10分。寝坊だ。

我が家では私が寝坊しても誰も起こしに来ない。

基本、放置だ。

「できる」とき、「できる人」が、「できること」をやる。

これがウチのルール。

よって、寝すぎた私に代わって朝ごはんづくりをするのは夫。

台所に行くとモウモウとした湯気の中で夫が子供たちの為に

うどんをゆでていた。

「ごめん、おそくなっちゃった」と言うと、夫が大きな声で「せーのっ!」

な、なんなの?と思った瞬間、子供たちが面倒くさそうに

「ハッピバースデートゥーユー」と歌い始めた。長男はボーとテレビを見ながら

長女はストーブの前で寝っ転がりながら。なんかすみません、私の為に朝から歌なんて

そう今日は私の誕生日。43歳。30代から40代になったときは衝撃だった。

衝撃は1回で終わると思いきや40過ぎると毎年衝撃だ。

頭の中は中学生ぐらいから変わってないんだけど、見た目は立派な43歳。

子供が小さいから、気持ちも見た目も若々しくありたいと思う。

たくさんの人のおかげで今日まで生きてこれました。ありがとう。

君をのせて

新製品がやすいあの電気屋さんにパソコンを買いに行くと

パソコンが高すぎる問題に直面。

店員さんに「パソコン、高くないですか?」と聞くと

「今はスマホがバカ売れでパソコンを買う人がいない」と

教えてくれた。だから単価が上がっちゃうのか・・・。

5年くらいしかもたないんだから、高いのは買いたくないなぁ。

ブログ、検索、ショッピングぐらいにしか使わないから

安いもので十分。結局パソコンは夫のスマホで適当なのを

探してもらいネットで注文。パソコン不在の間わが家にやってきたのが

 

電子ピアノ。

 

娘がピアノを習いたいというので買ったのだ。

これがすっかりはまってしまった。私が。

本屋さんで「趣味で楽しむ大人のためのピアノ倶楽部」という

本を買ってきて毎日弾いている。小さい頃エレクトーンを習っていたので

すごく簡単なものならすぐ弾ける。

1週間かかってカーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」が弾けるように。

今は天空の城ラピュタの主題歌「君をのせて」を練習している。

これを弾いていると子供たちが一緒に鼻歌を歌ってくれてすごくうれしい。

ピアノを弾いているときは日々の悩み事、困りごと、心配事を忘れられる。

いい買い物をしたなぁと思う。