読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活記録

只々、日々の記録

地獄の休日

8畳ほどの台所と6畳の和室という

ミニマムなスペースに体調の良くない大人1人と

ごほごほ咳してる子供1人と元気な子供1人と

元気な赤ちゃん1人が1日を過ごす。これを私は

 

地獄

 

とよんでいる。

なんだろう・・・とにかく息苦しい。

途中なんどもギャー―――と叫びたくなる。

部屋には細かいシールが散乱。キャップがないマジックも転がりまくり。

何を処理したのかわからないティッシュが罠のように配置。

脱いだふくはもちろんそのまま、鍋つかみがテレビの前。

コンロ下の扉を開けると鍋とともに娘の上履きが鎮座。

ソファの背もたれクッション行方不明。

アンパンマンのぬいぐるみ、遊ばれた形跡まるでなし。

これぞまさに

 

地獄

 

普通の日々よありがとう。心から言いたくなる。