読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活記録

只々、日々の記録

クリスマス

午前6時。目が覚める。

あー外の物置からプレゼント出してこなくちゃ・・・。寒いなぁ。

面倒だなぁ。早くしないと子供たち起きちゃうよ。でも寒いし。

なんて思いながら布団の中でもそもそしていると、玄関のドアを

開ける音が。少しするとまたドアの音がしてガサゴソと聞こえる。

良かったー夫が出してきてくれた。でもそこで気が付いた。

次女(1歳7か月)のプレゼント買ってない!!

 

次女は3日前に熱をだし、病院に行ったりでプレゼントのことを

すっかり忘れていた。夫に「次女のプレゼント西松屋で買ってきて」

と昨日かその前に頼んだけれど「買ってきた」の報告もないし

夫も忘れてしまったのだろう。

でも、次女はまだクリスマスわかってないし、そのうちおもちゃ買ってあげよう。

ん?それだとまずいなぁ。クリスマスに次女だけプレゼントが来てないことを

長女は不審に思うはずだ。うーん、まずい、まずい。

夫に相談しなくては。私はやっと布団から起き上がり

玄関の前にあるクリスマスツリーに目をやると・・・・

プレゼントが3つある!

それも1個はラッピングもされずむき出し!そっかー、夫は忘れてなかったんだ。

よかったぁ。そしてなんと夫から私にプレゼントが。

 

現金5000円

 

私は3足1000円の靴下をプレゼントしただけなのに

現金5000円くれるなんて。なんか・・・・

 

こわっ

 

なんなの。鳥肌。