読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活記録

只々、日々の記録

母親の義務

今日は入院している実母のところへ、用事があって行ってきた。

会うことを考えるとずっしり気持ちが重くなる。

 

私にとって子育ての見本となる人は「私の母親」だ。

こう書くと「あら、素晴らしいお母さんなのね」と思われる

かもしれないが、そうではなく悪い見本、のほうだ。

とにかく、あの人のような育て方はしないというのが

私の子育ての軸にある。

 

母親からひどいことを言われたとか、手をあげられたとか

いうことはただの一度もない。

だけど、365日機嫌が悪くイライラしている人だった。

ほめられたことはなかったし、私の気持ちに共感してくれることも

なかった。いつも私の心はザワザワしていて、どんよりとした曇り空だった。

食事も作ってくれたし、病気のときは病院に連れて行ってくれたことは

大変感謝している。

 

私が子育てで一番大事だと思っていることは

「母親が機嫌よくいること」だ。これは母親の義務だと思っている。

子供達にこんなことを話したら「えー!お母さんいつも怒ってるじゃん!」

と言われそう。

あぁ、ご機嫌ってむずかしい。

さあて、図書館から借りてきた「40代女子のための魔法の習慣」を読もう。