読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活記録

只々、日々の記録

悲惨だなぁ

子育て支援センターで、お母さんたち3人でおしゃべりしているとき

実母の話になった。私が「母親、大嫌い」というと

ほかの2人のお母さんから「私も~」という言葉が返ってきて少しびっくり。

ひとりのお母さんは大人になってからありったけの思い(もちろん負の)をギャーと

いってやったのだという。

 実は私もそれをやってみたいと思っていた。あの女にいつか、恨みつらみを

浴びせてやるぞ、と。だけど最近はもう、いいかという気持ちになっている。

というのも、3年ほど前に母親はうつ病になり、今は病院に入院していて

薬の影響なのか普段はボーっとしていて、歩き方もよぼよぼ状態。

そんな姿になってしまうとこちらもなんだか言うに言えない。

もっと母親が元気なうちに言っていればよかった、と思う。

若いときの写真をみると、とても美人だった母。上手に年をとれば素敵な

ばあちゃんになってたろうに。

本人の話によれば、母親に可愛がって育ててもらえなかったのだという。

そして結婚したものの離婚。子供達からは嫌われ一人ぼっちになり

今はうつ病で死ぬことしか考えられない。悲惨だなぁと思う。

親に愛されず育った人間の末路とはこういうものだ、ということを母は

身をもって教えてくれているのだと最近は思う。

母の母もそのように育てられたのだろう。その前もその前も。連綿と続いて

きたに違いない。その負の連鎖を断ち切ってやる。

 

なんて、ちょっとかっこよすぎか。あはは。